ネットショップ五島ではアフリエイトプログラムを介して,みずいか,水イカ,いかの塩辛,ミズイカ,水いか,みずいか一夜干し,五島,あおりいか,するめ,一夜干し,に関する五島列島関連商品を紹介しています。下段の商品例のそれぞれの写真をクリックして五島ブランドの魅力あふれる"みずいか"商品をお楽しみ下さい。
楽天で探す
楽天市場
アマゾンで探す
 
Yahoo!Japan IDは
こちらから取得して下さい
みずいか(アオリイカ)の検索 ミズイカ(アオリイカ)の検索 水いか(アオリイカ)の検索
みずいか,水イカ,ミズイカ,水いか,あおりいかの生物学上の分類や生息地の分布及び生態について検索してみました
みずいか(アオリイカ)Topページ
みずいかの
検索
 
さしみ用
水イカ
 
いかの
塩辛
 
水イカ
一夜干し
 
すし用
水イカ
 
さきいか 
 うにいか
五島の
水いか店
 
 
  みずいか (アオリイカ)の概略
 ”みずいか”とはアオリイカの俗称です。漢字では障泥烏賊と書きますが、 この障泥はアオリイカのひれの色や形が 障泥(あおり)と呼ばれる馬の胴体に付けている 馬具に似ている事によりつけられました。
その障泥とは走っている馬の汗や蹴(け)上げる泥を 防ぐために馬の胴体に巻く泥よけのための馬具です。 アオリイカが泳いでいる時に動くひれの様子は 馬が走っている時の障泥の波打つ様に似ていますよね。
みずいか (アオリイカ)の生態
 通常は深場に生息するが、春から夏にかけて産卵のため海岸近くの浅場にやってくる。海藻や岩の隙間にマメの鞘のような寒天質の卵鞘 を一ヶ所に固めて産卵する。産み付けられた卵が魚に食べられる事は無い。卵鞘の中にバクテリアがいて、魚が嫌がる物質を出していると 考えられている。卵からは20日ほどで孵化し、幼体は浅い海で小魚や甲殻類を捕食して成長する。夏には体長数cmの幼体が浅い海で 落ち葉のように擬態し、波間に漂う様が観察できる。幼体は沿岸の浅い海で体長15cm-20cmほどまで成長し、冬になると深場に移動する。
  みずいか (アオリイカ)の分布
 ハワイ以西の西太平洋からインド洋の熱帯・温帯域に広く分布する。 日本では本州以南の沿岸部で生息していますが 太平洋側では北海道南部より南に、日本海側では能登半島付近より南側に生息しています。 「白イカ」 能登半島付近より南側に生息している、 「赤イカ」 和歌山県や四国南部等温暖な海に生息し、サイズも大きくなる「赤イカ」、 「くわイカ」 沖縄県及び南西諸島等に生息する「くわイカ」 の3種類がいます。
  みずいか (アオリイカ)の生物学上の分類
  海生軟体動物の一群で、分類学上は軟体動物門頭足綱十腕形上目 とされるイカ(烏賊・柔魚)の中でアオリイカは ツツイカ目・ヤリイカ科・アオリイカ属に属します。、 成長すると胴長約45センチ、大型のものでは50p、重さは6kg以上に達します。 ひれは胴の左右全体に幅広く付いていて、通常はこのひれを波状に動かして泳いでいます。
食材としての水いかについて
水いかと
タウリン
について
タウリンを豊富に含む生物、食材は軟体動物、特に頭足類(タコ・イカ)です。神経組織に含まれる遊離アミノ酸様物質の50%以上がタウリンで、するめの表面に出る白い粉にはタウリンが凝縮されています。
タウリンの効能
タウリンには「からだ、細胞を正常状態で保つ作用(ホメオスタシス)」がある。例えば、血圧上昇に対する下降作用などがこれに該当する。
特に、肝臓に対して働きかける作用を持ち、大まかに分類すると以下のようになる。
胆汁酸の分泌を促成し、肝臓の働きを促す作用。
肝細胞の再生促進作用。
細胞膜安定化作用。
また、タウリンは抑制性神経伝達物質として想定されている
タンパク質 生物の身体を構成するうえで大変重要な成分の低脂質タンパク質が多く含まれています、
特に乾燥させた加工食品では、重量の45〜69%をタンパク質が占めています、イカの筋肉にはグリシン,アラニン,プロリンといった甘味成分のアミノ酸が多く含まれるので。イカの刺身は女の子にも好かれています
ビタミンE 抗酸化作用が高いため、シミ、ソバカスや、お肌のシワ、たるみにも効果的で、美肌には欠かせない栄養素のひとつです。体内の活性酸素を減らし、老化の原因を取り除く働きがあるため「若返りのビタミン」とも言われています。
ビタミンB12 ビタミンB12は、赤血球を生成する時に働くため「造血のビタミン」とも呼ばれます。神経系に働きかけ、細胞の遺伝情報が詰まった核酸 (DNA・RNA)や、アミノ酸、たんぱく質の合成を助ける作用があり、記憶力、集中力の低下を防ぎます。睡眠を促す作用もあるため、不眠症の方も是非摂りたい栄養素です。
ナイアシン 脳の栄養素として重要な成分である必須ビタミンで身体のさまざまな代謝を助ける働きをします。脂質の代謝や、アルコールの分解にも関わっています。また、神経系へも働きかける作用があるため、ストレスやうつ病の治療にも効果があると言われています。
亜鉛 亜鉛は、たんぱく質の合成や骨の発育などに関わる、必須ミネラルです。新陳代謝を高め、免疫を向上させる作用、また、たんぱく質の合成にも関係しており、およそ100種類もの酵素の活動に関わっています。また、亜鉛は有害物質の毒性を抑え、たんぱく質が体外へ排泄させる働きを助ける役目を持っており、デトックス効果が期待できるとされています。
DHA・EPA DHA・EPAは、魚を多く摂るイヌイットの人々に、心筋梗塞や動脈硬化など血管系の生活習慣病がほとんど見られないことから、魚に多く含まれるDHA・EPAに、血液をサラサラにする作用があることが発見されました。
DHAには、学習能力や記憶力の向上、視力低下の抑制、動脈硬化の予防、高脂血症の改善、血栓の抑制、高血圧の抑制、運動能力の向上、老人性痴呆症の予防と改善、抗アレルギー、抗炎症、アトピーの改善などさまざまな効果があります。
  No1Boy | No.1Boyの五島案内 | 五島への交通 | ネットショップ五島 | ネットショップ長崎 | みずいか | 五島うどん
 人気歌手ランキング| 囲碁用品| カーバッテリー| 釣り具| 五島のホテル| 上五島のホテル| 東京のホテル| 福江のホテル
Link Free リンク自由 制作環境:Win7|閲覧推奨:15inch Moniter more.フルカラー環境|動作確認:IE 11